04.翻訳とは国内と国外による情報差の転売である – オリジナルワードプレス プラグイン 翻訳プレス
高精度機械学習翻訳ツール Google翻訳無双
高精度機械学習翻訳ツール Google翻訳無双

04.翻訳とは国内と国外による情報差の転売である

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
結局、翻訳コンテンツってなにかというと、国内と国外による情報差の転売なんですよ。
情報は昔も今も売れるんです。

ランファランファ
情報は売れる……。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
情報というのは淘汰圧がかかっていて、新しいことでもみんなが知ったら価値は低減します。
でも本当に新しくて斬新なことというのは、最短技術を専門家に説明されても素人には意味が分からないように、見つけられないんです。
そこで必要になるのが、インフォナビゲーションです。新しいこと、斬新なことを一般の人々に分かりやすく伝えるには、中間に伝え手が必要になるんですね。

ランファランファ
なるほどー。なにがおもしろいのかを分かりやすく翻訳して伝える人が必要ということですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうなんです。
美味しいものでも価格という情報を知らずに食べるのと、知ってから食べるのとでは明らかに心的な美味しさは変わるんです。

ランファランファ
そう言われると分かりやすいです。
というか、今のようなやりとりが「分かりみ」を生むわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。人は表現によって受け取り方を変える生き物なんです。
海外ニュースが面白いのは、海外と比較して日本文化の差異を逆輸入できるから面白いんですよ。
日本の特殊性を再発見することで、そこにいたまま新たな視点を獲得できるわけです。

ランファランファ
日本に生まれてよかったぁーと再認識したり、優越感に浸ったりするわけですね(笑)

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そういうことです。
その場所に居ると気が付かないことでも、見方を変えるとまったく違ったものに見える「変化」が重要なんです。
翻訳ネタや古典ネタというのは個人の変化を気軽に体験させてくれるびっくり箱みたいなものです。
なぜ人が外国へ旅行にいくのかといえば変化を求めてのことですよね。

ランファランファ
なーるほど。ためになります!
でも翻訳すればいいだけなら、わざわざツールを買わなくてもGoogle翻訳のサイトで翻訳すればいいのではないでしょうか?
なにかツールでやらなければならない理由はあるのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
もちろんあります。
ツールを使う理由は大きく分けて2つあります。